英語英会話学習教室(マンツーマンオンラインを含む)の選択に当たって、基準をどこに置いたら良いか、分からない者ですね。 ここで、このサイトでは、数ある英語学習教室のオンライン英会話レッスンについて、レッスンの時間帯・料金、英会話教師のレベル、プランの自由度、ビジネス英語・旅行英会話・子ども英会話などコースの多さ、講師の英語ネイティブ発音の良さ、英会話教材などを、 いろんな角度から、評価をつけて、皆さんの選択の参考になれば幸いです。どうぞご利用ください。  

Hanaso

http://www.hanaso.jp/

スラリーe

http://sralie.com/

レアジョブ

http://www.rarejob.com/

E英会話

http://www.eeikaiwa.com/

ぐんぐん英会話

http://www.gge.co.jp/

経験豊富なネイティブスピーカーの教師による434ビデオレッスンと無料で英語を学ぶ。 新しいクラスは、文法、語彙、発音、TOEFLなどをカバーし、週に三回追加されます。 engVidで毎日彼らの英語を改善している千万ESLの学生は世界中にわたって参加。

英語を話す-あなたの年齢について話す

何歳ですか? あなたは十代ですか? あなたの20代半ばではありますか? 40代後半? 英語であなたの年齢について話して、あまりにもいくつかの新しい表現を学ぶ方法を学ぶ!

英語語彙

言葉の価値の意味は何ですか? どうやって文章でそれを使うのですか? 何かが "それだけの価値がされていない"場合、それはどういう意味ですか? 見つけるためにこのレッスンをクリックしてください!

たくさん、たくさん、たくさん、割り当てる

たくさん、たくさん、たくさん、または割り当てる? これらの4つの小さな言葉は英語と第二言語として英語を学んでいる人のネイティブスピーカーに混乱を引き起こす。 このレッスンでは、多くの例で、これらの単語を使用するための正しい方法をお教えします。 クラスを見た後、あなたは私たちのクイズを取ることにいくつかの時間を充てることができます。

英語を話す-自分自身をきれいに!

あなたの英語をブラッシュアップし、ミスを洗い流したいですか? 我々が自分自身をクリーニングの話を英語で使う語彙にこのレッスンを見てください! ワイプ、ブラシ、クリーン、フロスなどを洗うような動詞を使用するときは、学ぶことができます。 レッスンと無料のクイズで、このトピックに疑問を拭き取ります。

基本的な英文法-あなたの人生を記述するために"である"を使用

"すべき"共通の動詞は英語で最も紛らわしい動詞の一つです。 この基本的な文法レッスンでは、私はあなたの人生の中で、現在、過去および将来のイベントを記述するためにこのverbを使用する方法をお見せしましょう​​。 あなたが英語を流暢に話すには、これらの基本をマスターする必要があります。

名詞と動詞句

先生はこれまでにクラスを作るためにあなたを求めている? あなたは、彼はあなたが教室を飾るたいと思いますか? それとも、彼はあなたが再びクラスをやってみたかった理解しましたか? 何かが間違っていたので、あなたはあなたがバックアップCDを作っていたとしてバックアップする必要がありましたか? 混乱していますか? このレッスンでは説明しています[...]を

英語英会話学習コースから選ぶ

最強英語勉強方法その1

英語学習をする上で、絶対にはずしてほしくないことが2つあります そのうちの1つめです 絶対にするべき英語の勉強法とはなんなのか? これは勉強法というよりも、意識づけかもしれません でも、これはとても重要です これなしには今後の英語力アップは望めないのではないか? と私は思っています では、そんなに重要な意識づけとはなんなのでしょうか? それは… 「返り読みをしない、英文は前から理解する」 ということです 学校教育などで、英文を訳すときは後ろから訳すと日本語にしやすいといことで、後ろから訳すように言われた方もいると思います。 たしかに、英文を日本語訳にするとき後ろから訳すときれいな訳になることが多いです。 しかし、これから英語力をアップしていこうという人にはそんなきれいな日本語訳はいりませんし、そのように後ろから理解して言っては英語力のアップは望めません。 この「英語学習法、英語勉強法」にきてくださっている方は、色々な目的 例えば、TOEIC、留学、仕事で使う、趣味など、様々だと思います。 しかし、共通しているのは 「英語力をアップしたい」 ということでしょう。 そこで絶対に守ってもらいたいのが、この 「英語は前から理解すること」なのです 例えば、会話やリスニングを考えてみてください。 英語はどんどん話されていきます。 後ろから理解しようとしていたら、その英語が言われ終わるまで理解し始めることができません。 さらに、いざ理解しようとしても、最初のほうに言っていたことはわすれてしまっているでしょう。 理解している間に、次の文が話されているということもおこるでしょう。 このやりかたで、英語を理解していこうというのは不可能に近いとおもいませんか? 前から理解していったほうが効率がよいと思いませんか? では、具体的にはどのようにやればよいのでしょうか? それは、英文を前から理解する方法を見てみてください

最強英語勉強方法その2

英語の勉強をする上で絶対にはずしてほしくないことが、2つあります。 その2つめです 1つめは 「英文を前から理解すること」でした。 では、2つめはなんなのでしょうか? 2つめは、 「文法力と語彙力の強化」です なぜ文法力と語彙力の強化なのでしょうか? なぜなら、文法力と語彙力というのは、全ての英語力の基礎となるからです。リスニングにしてもリーディングにしても、全てはこの文法と語彙力から始まっています。 文の中に分からない単語があると、意味はとれません。 全部単語が分かっていても、文法がわからず、文の構造がわからなければ、意味はわかりません。 語彙と文法が分かって、はじめてリーディングできるようになるのです。そして、リーディングができるようになると、次にリスニングです。読める英文を聞けるようにする。このようにして、英語は上達します。 つまり、リーディングやリスニングのもととなるのが、語彙と文法なのです。 語彙と文法なんて、中学高校でやった!といって馬鹿にしないでください。多くの方が、ここをなめているから英語が上達しないんです。この2つをやることが、英語の上達には非常に重要なんです。 ここをきっちり抑えると、全ての英語力の基礎がつきます。リスニングやリーディングもそうですが、英会話もここが基礎です。TOEICテストもこの語彙と文法をきっちりやり、少しリスニングを練習すれば、600から700なんてすぐにいけます。

英語文章の順序のままで理解する

英文をまえからりかいする具体的な方法を紹介 絶対にするべき勉強法1を見てから読むことをおすすめします。 さて、英文を前から理解することが重要なのは、絶対するべき英語勉強法1で述べましたね。 では、具体的なやり方について言いたいと思います。 ようするに、どんどん前から訳していってつなげればよいのです 例えば She foget my name. という文があったとします この場合、 彼女が、忘れた、私の名前。 といった感じで訳します。 この英文は短いので後ろから訳してもいける気がするかもしれませんが、こういう短い文でも前から理解するクセをつけておきましょう だんだんなれてくると、意味をとることができる塊が増えてきます。 そして、最終的には日本語を介さず、英語は英語のまま理解できるのが理想です しかし、それはなかなか難しいので、前から理解して徐々に英語力をあげていきましょう。

ここで、もうひとつ個人的に有効な英語勉強方法を教えします。

この方法で英語力をアップしませんか? シャドーイングを使った学習。 これが私の最もおすすめできる英語学習法です では、いったいシャドーイングとはなんでしょうか? リスニングの方でも述べましたが、 「聞き取った英文のあとを影のように声にだしてついていくことです」 この方法を行うと恐ろしいほど英語力が向上します 短文を暗記するときにも使えますし、とにかく音声さえあればできるので、手軽さもよいです このシャドーイングの効果は他には具体的にはなにがあるでしょうか? まず、聞き取れていない部分が分かるということがあげられます 聞き取れないと、発音してついていけませんよね? 他にも、英文を前から理解するクセがつけられます。 すぐに発音してついていかなければならないので、自然と前から理解するようになります。 この、 「英文を前から理解していくこと」 これが今後英語力を伸ばしていくためには必須となってきます 英語は前から理解していかないと絶対にだめです。 ここだけは譲れません シャドーイングは本当におすすめです。 まだよく分からなかった人は、シャドーイングこのサイトをごらんになってみればよくわかると思います

最強英語勉強方法その3:セカンドライフで英語リスニング・英会話発音の力を鍛えよう。

みなさん、セカンドライフってしっていますか?仮想現実世界といえばいいのでしょうか?オンライン上で、世界中の人と話したりできるんですよね。 これを使って、英語学習をするというのはどうでしょうか?セカンドライフなら、実際に外国の方とも話すことができますので、生きた英会話がれんしゅうできます。 興味がある方は、試してみるとよいでしょう。私もセカンドライフやってみようと思っています。これから流行りそうですし、面白そうですよ。 ps. 実際にやってみました。色んな方と会話できましたよ。フランスの方や、ドイツの方、ブラジルの方やら色々です。皆さん英語が完璧というわけでもなさそうでしたが、英語で会話できました。 もちろん、お互い相手の国の母国語はわかりません。ですので、世界の公用語である英語で話すことになるのです。なかなか楽しいですよ。 あと、ネイティブの方もふつーにいますから、そういった方と友達になると、本場のものがわかるでしょう。ただ、相手はこっちを相手してくれるかはわかりません。 普通に純すいにセカンドライフを楽しんでいる方もいます。そういった方からしたら、へんな英語で話しかけてくる連中はうっとおしいでしょうし。 まあ、国際交流はバッチリできるんで、やってみるとおもしろいかも。ただ、パソコンのスペックが少しいるみたいですので、そこがきつい方もいるかも。 実際、現在私はログインできなくなりました。PCのスペック不足です

ケチらなく、英語学習にお金と時間を使おう。

なぜみなさん英語を学ぶのでしょうか? なぜそんなに英語が大切なのでしょうか? 英語を学ぶ動機はたくさんあると思います。 純粋に英語がすき… 海外旅行をしてみたい… アメリカ、イギリスに将来住んでみたい… 仕事で必要… あげればきりがありません。 しかし、すべてに共通して言えるのは、すべて将来の自分への投資なんですよね。 英語を学習するには、すくなからずお金がかかるでしょう。 では、なぜそこまでして英語を学習、勉強する必要があるのか? それは、その人にとって英語を学ぶことで明るい将来が待っているからではないでしょうか? いやらしい話ですが、英語ができる人とできない人では、平均年収に差があるというデータもあります。 とくに海外に興味がない人でも、英語を学ぶことは少なからず将来の投資になるはずです。 みなさん、未来に向かって英語学習をつづけていきませんか?

英会話を上達させるには、リスニングと話すことを繰り返しでできる。

英会話力はしっかりと話す力をつけるのが重要 しっかりと話す練習をすることをつめば、英会話力は伸びます。英会話というのはリスニング+スピーキングで成り立っています。 今の英語学習では、リスニングをする事というのは少し英語学習に力を入れている方なら絶対あるはずです。しかし、力を入れている方でもスピーキングを行っている方は少ないのではないでしょうか。TOEICなどの試験で高得点を取ればいいだけならそれも良いかもしれません。しかし、英会話力をつけようとなると、かならず話す練習が必要になります。 話す力をつけたいなら、話す練習をしましょう。 基本ですね。ただ、話す練習が必要といっても、基礎が無い方はその伸びも中途半端になります。語彙と文法力が無いと、ただ英会話フレーズを暗記しただけという事態になってしまいます。まあ、それでもある程度会話にはなるのですが、言いたい事を言うとか言うレベルにはなかなかなれません。 限られたシチュエーションでしか会話できないということになります。確かに、よく出る場面を何回も練習して、フレーズ暗記するということも重要といえば重要ですが、それしかしないなら英語力もそれまでです。 本当の英会話力をつけるなら、基礎となる語彙、文法にプラスして、英会話練習をする必要があります。

最後に、英語学習に継続が一番大事なポイントだよ

継続すること。 こつこつ努力することが必要だと思います。 本当の英語力を身につけたいなら、一朝一夕では無理です。 こつこつ努力を重ねることが必要であると思います。 なぜなら、英語というのはそんなすぐに身につくものではないからです。 がーと集中して一気に身につけられるようなものではないのです。 どんなに今英語が得意な人でも、必ず継続して勉強してきているはずです。 例外は、親が英語をしゃべる人や、子供の頃を海外で過ごした帰国子女くらいでしょう。 そういう人たちは、自然と意識せずとも英語を勉強していることになるので、 スタート時点では優位になります。 しかし、恐れることはありません。 こつこつ努力すれば、こえれるはずです。 頑張って日々英語学習に励んでいきましょう。 くじけずに、頑張りましょう